毎日たくさん届くダイレクトメール。効果的な方法はあるの?

ダイレクトメール

(もう、いい加減にしてくれないと困る…とういう受け取り手も。)

郵便受けを見ると、毎日のようにダイレクトメールが届いていますね。こういう商品がありますよ!こんな講座受けませんか?
また、サギまがいのものもありますよね。
自社でダイレクトメールを出しているところもあると思いますが、
本当に効果的なのか疑問に思っている人もいるでしょう。
そんな人にこのサイトでは、
「効果的なダイレクトメール」の方法を紹介していきます。
ダイレクトメールの基礎から、ダイレクトメールの応用編まで、自社製品をPRするのに、お役立て下さい。

郵便は今までメジャーだったけれど…

ダイレクトメール

郵便受けに入っているDMですが、最近右上に「これは郵便物ではありません」と書いてあるシールや注意書きなどを見つけたことはありませんか? 現在日本では、信書の送達に関する法律により総務大臣の許可を受けていない宅配便業者などが信書を配達することは出来ません。 信書とは特定の相手に対して情報を伝達するための文書のことです。 通常、私たちが相手に送る手紙は特定の相手に送るものですので、信書にあたりますが、ダイレクトメールにおいては、不特定多数のにとに送る文書ですので、信書には当たらず、民間業者の参入により、メール便としてダイレクトメールが低価格で送ることができるようになりました。

ダイレクトメールの「センミツ」って?

ダイレクトメールを利用する企業がいう「センミツ」ってご存知でしょうか? これは「千通のダイレクトメールを送ると3つの申し込みがある」ということです。これを聞くとダイレクトメールってお金ばかりかかる広告なようなきがしませんか? そんなダイレクトメールの申込率を上げるにはどのようにしたらいいのでしょうか?